肉のセカンド厨房 株式会社ティーアイ

取り扱い商品

商品一覧

交雑種

交雑種はF1牛(一代雑種牛)とも呼ばれています。一般的にホルスタイン種、ジャージー種などの乳牛と黒毛和種などの肉牛のあいだに生まれた子牛のことを言います。生産時のコストをなるべくかからなくして、肉質をよくするために作られた品種です。毛色は基本的に黒ですが、体の一部に白い斑点が出ることが多いと言われています。大きいですが、サシが入りにくいので、価格的には安くなります。また、その肉質は父牛や母牛優秀かどうかで、かなり差がでます。そのほか、黒毛和種などの純粋種に比べても病気に対する抵抗力が強く、成長がはやいために粗飼料の利用性に優れていることなどが、交雑種の特徴として挙げられます。

国産牛肉 > 交雑種

交雑種

和牛よりも生産コストを抑えつつ、乳用種よりも品質を向上させるため、品種同士を交配させて生まれた牛のこと。和牛とホルスタイン、肉専用種とホルスタインの交配などがあり、それぞれの品種の利点を掛け合わせることによって生産効率を上げることが目的です。ホルスタイン同様、店頭では「国産牛」と表記されます。